ある男の雑記・日記・気になること

30代男が思うこと感じることや、面白かったテレビ番組のこと、不思議な話や地震の話など。またUFOや宇宙人、UMAやオーパーツなどの興味のあることも掲載しています。

アマゾン川に住む民族ピタハン族の幸せに対する考え方とは?

time 2016/07/13

アマゾン川に住む民族ピタハン族の幸せに対する考え方とは?

sponsored link

過去も未来もない?アマゾンの民族ピダハンとは

 

我々はよく昔はよかったなぁとか、将来こうなったら、ああなったら、あれがあったら、これがあったら、などなど、いろいろ思うことが多いものです。

しかし、世の中には、そんな悩みからほど遠い人達がいます。 今回はそんな不思議な民族について書いていきたいとおもいます。

 

ピダハン族(ピラハ族)

 

彼らはアマゾン川流域に住む民族です。マイシ川という河川の近くに住んでいるそうです。 人数は400人ほどで生活スタイルは、狩猟、採集、漁労です。

 

ピタハン族の思考と言語

 

彼らには、現代人には考えられない思考形態や言語があります。

  1. 自分を誇張する、良く見せたいなどの概念があまりない。ゆえに、他部族のような、羽飾り、入れ墨などの習慣はない。
  2. 言葉の音韻が11種類しかない。そのかわり、他人に伝える際は、口笛、歌、アクセント、叫び、鼻歌など、様々な方法を用いる。
  3. 色の概念がない。あるのは、暗い、明るいぐらい。最近の研究では、~のようなという   比喩は、用いることもあるらしい。
  4. 数の概念がない。多い、少ない、足りるなどを説明には用いる
  5. 性差で区別する概念がない。父親も母親も「親」という一言で表される
  6. 挨拶言葉らしきものがない。こんにちは、さようなら、すみませんなど。 (人間関係を円滑にという概念がないから) ちなみにすみませんなどを伝える場合、行動で示すらしい。
  7. 「と」などの接続詞がない。〇〇と△△が元気という場合。○○は元気だ。△△は元気だ。と一回、一回言う。(時間の概念がおおらかであると同時に、面倒くさがらずちゃんと言うことが大切らしい)
  8. 忙しいという言葉がない。
  9. 右、左という概念がない
  10. 神様という概念も儀式もない
  11. 現在進行形しか時間概念がない。過去、未来がない。
  12. 兄弟以外の親戚概念がない
  13. 蓄えない、お金も存在しない
  14. 所有、争奪もない(彼らいわく、川はいつでもあるし、魚はいなくならないから)
  15. 夜だからみんな寝なきゃという固定観念はない。(ただ暗いので気をつけろとは言うらしい。)
  16. 不安もほとんどないらしい

 

宣教師さえ折れた彼らの幸せさ

 

ある時、この地を訪れた宣教師が、彼らに布教しようとしましたが、彼はまもなく屈服し 神学を捨て、言語学者になってしまいました。彼らには、不幸という概念もなく、ゆえに神を必要とはしていなかったからです。

アマゾン川に住む謎の部族!マシコ・ピロ族についての謎とは?

絶対に近づけない島!?謎の民族、センチネンタル族とは?

 

 

(まとめ)

 

いかがでしたか?見習いたいですが、現代人には、とても無理そうです。しかし、彼らの生き方は、シンプルでありながら、幸せというものについて、難しく考える必要がないということを教えてくれるようです。

では今回は、ここまでです。また次回!

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

ブログを見に来ていただきありがとうございます。 洋二郎と申します。 自分らしく、ありのままに、そんなブログを作って行きたいと考えてます。 経験した話や、不思議な話など、テレビで観た面白かった内容なども書いています。 是非ゆっくりと見ていってくださいね。

詳しくはこちら

カテゴリー



sponsored link