ある男の雑記・日記・気になること

30代男が思うこと感じることや、面白かったテレビ番組のこと、不思議な話や地震の話など。またUFOや宇宙人、UMAやオーパーツなどの興味のあることも掲載しています。

アマゾン川に住む謎の部族!マシコ・ピロ族についての謎とは?

time 2016/06/03

アマゾン川に住む謎の部族!マシコ・ピロ族についての謎とは?

sponsored link

マシコ・ピロ族は周囲と接触をしたがらない!?

 

世界には、まだまだ、我々とあまり接触をしたがらない民族がいると言われています。 その中でも有名なのが、ブラジルのマシコ・ピロ族です。 今日は、まだ謎多き、彼らについて書いていきたいと思います。

 

マシコ・ピロ族との接触で起きたこととは!?

 

彼らは、アマゾン川流域のまぬー国立公園周辺に住んでいます。完全に未接触というわけではなく、ボートで他の現地の人に遭遇した際には、食糧、衣服、なた(斧)を要求したりすることもあるそうで、その見返りに自身の部族の女性や子供を差し出そうとしたこともあるようです。

しかしその反面、強い警戒心と攻撃性も持っており、矢で近づきすぎた人を攻撃したり、知人の他部族の男性を殺害したりしています。 彼らの前で特タブーなのは、タイトルにもなっている「マシコ」という呼び方をすること。

これは、野蛮人という意味合いがあるらしく、彼らは、ノモレ(同郷の人)という呼び方を好む。(この記事では、分かりやすく書くためにあえて使っています。すいません。)さらに、長く話しをしすぎる、繰り返し聞くなども彼らを怒らせるようです。

 

森を出始めた、マシコ・ピロ

 

近年では、森が減少したせいか、マシコ・ピロ達は、森を出始め、周囲の村を襲撃し、食料を奪うなどの事件が起きています。しかし、そもそもなぜ、彼らは周囲の人を簡単に弓で射るなど、殺害してしまうのでしょうか。

常識が我々と違うと言えばそれまでですが、ここではあえてそのことについて考えてみました。

  1. 純粋な恐怖心。
  2. 植民地にされた際、迫害を受けているため、他民族を信用しない。
  3. 彼らの中で人間とは、自分達のことでそれ以外はその他である。

最後の3については、遠い昔、アフリカで人類が誕生した頃、生きて行くために人同士に強い絆が生まれたとのこと。しかし、その反作用として、他集団の対する強い排斥感も生まれたということに関係しているかもしれません。つまり彼らは、とても家族愛や集団の絆が強い人達なのです。

アマゾンの女部族アマゾネスをスペイン人が見た印象とは?

絶対に近づけない島!?謎の民族、センチネンタル族とは?

 

 

(まとめ)

 

いかがでしたか?まだまだ謎の多い、マシコ・ピロの人々ですが、彼らは自分の生活場所を守りたいだけなのです。そもそも、彼らが森を出て、村を襲うようになったのも森林の伐採が一因とも言われています。そう遠くない未来にこの問題には、真剣に取り組まなければならないでしょう。では、また次回お会いしましょう!

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

ブログを見に来ていただきありがとうございます。 洋二郎と申します。 自分らしく、ありのままに、そんなブログを作って行きたいと考えてます。 経験した話や、不思議な話など、テレビで観た面白かった内容なども書いています。 是非ゆっくりと見ていってくださいね。

詳しくはこちら

カテゴリー



sponsored link