ある男の雑記・日記・気になること

30代男が思うこと感じることや、面白かったテレビ番組のこと、不思議な話や地震の話など。またUFOや宇宙人、UMAやオーパーツなどの興味のあることも掲載しています。

黄金郷エル・ドラ―ドを探して消えた大佐の話とは?

time 2016/06/16

黄金郷エル・ドラ―ドを探して消えた大佐の話とは?

sponsored link

消えた大佐と謎の遺跡

 

南米の先住民達の伝説では、アマゾンの奥地には、白い肌を持つ種族がいる。と語り継がれているそうです。彼らは、古い石造と都市の廃墟を今も守り続けていると信じられています。

今回は、そんな、神秘の黄金郷と数奇な運命をたどった、一人の大佐のミステリー記事です。

 

ジャングルに挑んだフォーセット大佐

 

何百年も前から南米には黄金の里があると言われ、あのスペイン人のコルテスなども、その欲に目が眩んだ人間の一人だったようです。 ヨーロッパ人たちは、その後も何度もエル・ドラ―ドを求めてジャングルに挑みましたが、伝染病や攻撃的な部族などに阻まれ、黄金郷を見つけることはできませんでした。

そんな時、イギリス陸軍のパーシ―・フォーセット大佐が、エル・ドラ―ド探検に向かうことになりました。(彼は、あのインデージョーンズのモデルだそうです。) 大佐は、黄金を手に入れたいというよりも、マヤ文明の人々は、あの失われた大陸、アトランティスの子孫だろうと信じていたので、その秘密を発見したいと思ったのかもしれません。

大佐は、二人の青年(一人は自分の息子)とガイド達と共に、ジャングルへと向かいました。 危険な目にも合いましたが、何とか、親切な先住民の村にたどり着いた大佐は、人々から 「どこへ向かうつもりだ」と問われ、「ジャングルの東へ行ってみる」と答えました。

それを聞いた人々は、驚き、彼に対して「行ってはいけない!そこには恐ろしい部族がいる。殺されてしまうぞ」と言って止めたそうです。 しかし、大佐達は、予定通りに出発し、その後、消息が途絶えてしまったそうです。

彼らが黄金郷に辿り着いたのか、危険な部族に殺害されてしまったのか、真相は永遠に謎のままです。

 

大佐の元に訪れた謎の客人

 

このフォーセット大佐に関して、もう一つ面白い話しがあります。 1886年、僧衣を着た見知らぬ男が現れ、大佐にこう言ったのです。「長い間あなたを待っていた、あなたの奥さんは5月の仏陀の日に男の子を産む。その子は、新しい人種の父となる」と。

この言葉が、何を意味しているのかは分かりません。彼は、エル・ドラ―ドからの使者だったのでしょうか。だとしたら、ジャングルで消えた、父と息子は、黄金郷ならぬ、新しい人種の世界へと行ったのでしょうか・・・。

アフリカに熊のような未確認動物ナンディベアとはどのような生き物か?

コロボックルってアイヌ語でどういう意味なのか?

 

 

(まとめ)

 

いかがでしたか?さすがインディ―ジョーンズのモデルになった話しですから、すごく面白いですよね。アマゾンには、まだ、未知の世界がたくさんあるのかもしれません。では、また次回!

参考URL www.crc-japan.com

http://hannkotu.blog.shinobi.jp/%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E7%A7%98%E8%A9%B1%E3%80%80%E5%85%B6%E3%81%AE%E4%BA%8C/

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

ブログを見に来ていただきありがとうございます。 洋二郎と申します。 自分らしく、ありのままに、そんなブログを作って行きたいと考えてます。 経験した話や、不思議な話など、テレビで観た面白かった内容なども書いています。 是非ゆっくりと見ていってくださいね。

詳しくはこちら

カテゴリー



sponsored link