ある男の雑記・日記・気になること

30代男が思うこと感じることや、面白かったテレビ番組のこと、不思議な話や地震の話など。またUFOや宇宙人、UMAやオーパーツなどの興味のあることも掲載しています。

東日本大地震の前兆現象の異様な空や動物の奇妙な行動や人体の異変とは?

time 2016/08/08

東日本大地震の前兆現象の異様な空や動物の奇妙な行動や人体の異変とは?

東日本大震災の起きる前には、前兆現象が発生していました。

 

一体どのような前兆現象が発生していたのでしょうか?

sponsored link

東日本大地震の起きる前に前兆現象が?

 

 

東日本大震災は、2011年3月11日に発生した、東北地方太平洋沖地震を中心とした大規模災害です。この災害の前には、実は様々な前兆が存在していました。東日本大震災にまつわる前兆について、種類ごとにみていきます。

 

異様な空の様子

 

大震災の前には、普段とは違う異様な空や雲の様子がみられました。

まず、日中は空全体が綺麗な水色を帯びていました。それだけなら美しいのですが、空は明るくて綺麗なのに、妙に冷たくてきつい風が吹いていたため、奇妙で不気味な感じがありました。

また、黒い雲が大量に発生して、すごい速さで流れていく様子もありました。

その後、午後から夕方にかけて、虹色に染まった雲が出現したり、太陽が大きな虹に包まれる様子がみられました。

そして夜になると、月が赤色に輝く様子がみられました。まるで血が混ざったような色で月が輝く様は、なにかいつもと違う不気味な雰囲気を漂わせていました。

 

動物たちの奇妙な行動

 

大震災の前に奇妙な様子をみせたのは、空だけではありませんでした。動物たちもその本能によって後の大災害を感じ取ったのか、それぞれに不気味な行動をとっていました。

犬は狂ったように吠え続けたかと思うと、次の日にはひと声も発することなく、死んだように横たわっていました。

カラスの大群が突然発生して大声で鳴いたり、ペットのうさぎがおびえたように激しくふるえる様子がみられました。

そして、震災の一週間ほど前には、52頭ものイルカが集団で座礁するという奇妙な事件が発生していました。知能が高く、卓越した生体ソナー機能を有するイルカが、集団で一つの場所に座礁することは珍しいことでした。

 

人の身体にも異変が

 

そして、人間の体にも異変が現れはじめました。

それまでなにもなく健康だったのに、急に微熱が生じて、ずっと下がることなく続いたり、耳鳴りが続いて止まらない、といった症状を多くの人々が体験しました。

地震を実際に体験しているかのような、身体が小刻みにふるえ続けるという、奇妙なめまいを体験する人もいました。

 

予兆から学べること

 

このように、東日本大震災の前には、その前兆を感じさせるような、様々な奇妙な出来事が発生していました。

今回紹介したような、奇妙な空の様子、動物たちの行動、人間の体の異変が立て続けに起こった場合、それは次の震災の前兆かもしれません。

奇妙な異変が続いたときは、震災に備えて改めて家の備蓄や避難場所の再検討などの準備をしておくと良いでしょう。

熊本地震が起きて阪神大震災を体験した地鳴りや初期微動の前兆現象を語る

熊本県益城町の大地震の前兆現象ではと前日に胸騒ぎがした話

 

(まとめ)

 

いかがでしたか?

大地震の前兆としては色々なことが起きるようなのですが、まだまだ分からないことも多いのかも知れません。また、電磁波がいつもとは異なるという事もよく聞く話ではあります。

胸騒ぎであったり、虫の知らせであったり、人間の第六感でもそういったものを感じることもあるようです。予知夢などもよく聞きますよね。何か違う、今日はなんだか変だ、などど感じた時に第六感というものを大事にすべき時もあるのかも知れません。

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

ブログを見に来ていただきありがとうございます。 自分らしいブログを作って行きたいと考えてます。 経験した話や、不思議な話など、テレビで観た面白かった内容なども書いています。 是非ゆっくりと見ていってくださいね。

詳しくはこちら

カテゴリー



sponsored link