ある男の雑記・日記・気になること

30代男が思うこと感じることや、面白かったテレビ番組のこと、不思議な話や地震の話など。またUFOや宇宙人、UMAやオーパーツなどの興味のあることも掲載しています。

ある男が語る宇宙観とその構造への考えについて

time 2016/11/10

ある男が語る宇宙観とその構造への考えについて

皆さん、宇宙について考えることってありませんか?

私もよく宇宙についてどんなふうになっているのかな~と考えたりするんですよ。今回は私が思う宇宙像について書きたいと思います。

宇宙は大きくて広いですよね。でも、宇宙ってどこにでもあるんじゃないかとも考えているんです。

遠くにあるものでもあり、今いる場所でもあり、どこにでもあるようにも思える宇宙について具体的な構造や空間につき考えていることをまとめます。

sponsored link

私が思う宇宙観について

 

 

世間では、宇宙は一つと思われていますよね。

でも、私は、宇宙は実は無数に存在すると思っているんです。昔から、この謎について、色々と考えてみたのですが、ある種の考えにたどり着きました。

それは、私たちのいる宇宙が実は、ビッグバンによって生み出されたと言っていますが、それって、何かが爆発して広がっているということですよね。

その現象が実は、一つの原子などの球状の発生の一つの現象ではないかと思ったのです。

あくまで自分の考えですが・・。

宇宙というものを一つの原子と仮定した場合、その原子や素粒子や量子が、ほかの物質の化学反応などで生まれたり消えたりした時に創出される広がりではないかと考えているんですよ。

なので、宇宙はつまり一つの原子や素粒子や量子が化学反応して生まれたその瞬間の広がりの中の一瞬に過ぎないのではないかと思ったりするわけです。

ちょっとわかりにくいですかね・・。

もう一回言いますね、原子や素粒子や量子って球体でしょ?

その球体は化学反応や、電気が発生した時に生まれたりするとすれば、その時に原子などを構成する成分が生まれるでしょ?

その時に、丸い球体ができるのですが、他の原子などが変化して、球体が発生するとすれば、その時に瞬間的に球体が発生するのかなと思うんですよね。

それで、その球体は、例えば1秒で発生したとすれば、その1秒の瞬間の球体の広がりが、実は、私たちのいる宇宙がビッグバンで広がっているという状況と同じではないのかなと考えたりするんですよ。

だから、この広い宇宙の外側は、実は、たった一つの原子などの球体ではないかと考えています。

ということは、私たちのいる宇宙では何万光年などという単位の時間ですが、原子単位でみると、一瞬に過ぎないのではないかということです。だから。結局は、宇宙とは原子や素粒子や量子などの中の状態なのではないかということなんです。

 

世の中の物はすべて丸い球体でできている?

 

宇宙の構造について考えた時に、地球や天体はすべて丸いという不思議なことに疑問がわくのです。では、世の中はすべてが球体の集まりではないのか?などと考えたりもするのです。

でも、全てが球体でできていると言っても、石や木や海など、世の中は丸くないという話になりますし、空気はどうなるんだ?とも思いますよね。

そこで思ったのが、目に見えない球体の存在です。目には見えずとも、実は無数の球体で構成されているのではないかと思ったりするわけです。

宇宙にも、無数の球体がびっしりと敷き詰められていて成り立っている?ということです。考えてもよくわかりませんがそういう風に思ったりするんですよね。

 

宇宙が一つの原子や素粒子や量子の中にあった場合について

 

じゃあ、宇宙が一つの原子や素粒子や量子の中にあるとしたら、その球体の外側はどうなっているのかという事なんですよね。

私が考えるのは、球体の外側は、また、広い宇宙があると考えているのです。

なので、私たちのいる宇宙は一つの原子や素粒子や量子の中にあるのですが、その外側にある宇宙の中では、私たちのいる球体はただの原子や素粒子や量子などに過ぎないのではと考えています。

 

簡単に言うと、広い体育館あるとしますよね。

その体育館が原子の外にある別の宇宙と考えると、その体育館の中に、一つの小さなボールがあるとします。

そのボールが私たちのいる宇宙であり、そのボールが原子や素粒子や量子と言った物質の球体のなかにあるという考えです。

なので、体育館と仮定している別の宇宙空間の中には、実際はボールが体育館一杯に敷き詰められている状態と考えるのです。

つまり、それは、宇宙の中身は、原子や素粒子や量子のような球体の物質が敷き詰められている状態と考えています。

でも、宇宙って、星や銀河があり、球体で敷き詰められていないじゃないかという事なんですが、それも、目に見えない球体で宇宙空間は、実は敷き詰められているのではないと考えています。

 

フラスコの中で宇宙を作る科学の話

 

昔テレビでフラスコの中で超宇宙を作る内容のものを観たことがあるんですが、小さなフラスコの中でも宇宙は本当にできているんじゃないかって思ったんですよ。

フラスコの中に宇宙を構成する成分を入れると、小さな宇宙ができるという内容なのですが、小さな場所にでも広大無辺な宇宙ができるのか・・と驚きました。

でも、実際は本当なのかなと半信半疑だったのですよね。

でも、これが本当ならすごいですよね。

じゃあ、どこにでも宇宙を作れるということになりますよね。

フラスコを100個使って同じようにすれば、100個の宇宙が生み出せるということになるんですよ。

すごいと思いませんか?

なので、小さな空間でも宇宙が本当に作れるし、今この瞬間にも、空気中にも原子や素粒子や量子といわれるものなどの中にも無数に宇宙が存在しているんじゃないだろうかってよく思うんですよ。

宇宙人の落とし物?エンゼルヘアー現象は地球上で特定できない繊維?

何故宇宙人はミステリーサークルを作るのか?

 

(まとめ)

 

いかがでしたか?宇宙の不思議はみなさん関心ありませんか?実は、人間の体の細胞一つ一つの中の原子の中にも宇宙があったとしたら・・。なんて、不思議過ぎてよくわかりませんよね。

皆さんも宇宙について星空を見ながら考えてみても面白いかも知れませんよ。

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

ブログを見に来ていただきありがとうございます。 自分らしいブログを作って行きたいと考えてます。 経験した話や、不思議な話など、テレビで観た面白かった内容なども書いています。 是非ゆっくりと見ていってくださいね。

詳しくはこちら

カテゴリー



sponsored link